Privacy Policy

デコラールプロセス

1993年、昇華の化学的・物理的プロセスに基づいて、金属表面に装飾する技術を発明しました。
アルミニウム板や板金加工製品、3D形状製品は粉体塗装された後、特別なインクを使った熱転写フィルムによって装飾されています。
このようにしてアルミニウムに対し、木目調や大理石調、コルテン鋼調などの天然素材を再現した装飾を実現しています。装飾された製品は屋外での使用を認定されています。

Image

デコラールプロセス

1993年、昇華の化学的・物理的プロセスに基づいて、金属表面に装飾する技術を発明しました。
アルミニウム板や板金加工製品、3D形状製品は粉体塗装された後、特別なインクを使った熱転写フィルムによって装飾されています。
このようにしてアルミニウムに対し、木目調や大理石調、コルテン鋼調などの天然素材を再現した装飾を実現しています。装飾された製品は屋外での使用を認定されています。

Image
金属素材

金属素材

デコラールプロセスでは主にアルミニウムと鉄に装飾しますが、他の素材にも装飾することが可能です。唯一の条件は200℃でも変形しない素材であることです。この温度は、フィルムから塗膜へインクを転写するために必要な温度です。

Image
前処理

前処理

前処理の目的は金属表面の異物を除去し、腐食や気象環境による劣化を防ぐことです。これは金属素材を整え、高品質な粉体塗装を確保するために必要な処理です。

Image
粉体塗装

粉体塗装

前処理された金属素材に、静電ガンを用いて粉体塗装を行います。その後、テクニカルデータシートの仕様にのっとって、乾燥炉で焼付硬化させます。下塗りは気象環境による劣化や腐食、摩耗等の要因から製品を保護します。弊社の粉体塗料はポリエステル樹脂又はポリウレタン樹脂であり、溶剤や重金属を一切使用していません。

Image
装飾

装飾

装飾する製品を、装飾の模様がプリントされた熱転写フィルムで包装します。続いて、製品表面を真空状態になるように熱転写フィルムを密着させ、デコラールの乾燥機の中に入れます。ここで熱と圧力によってフィルムに印刷されたインクが塗膜に転写されます。数分後、機械から製品を取り出し、装飾の模様をつけたフィルムを取り除きます。

Image
最終結果

最終結果

照明、手すり、家具、フローリング、フェンス、シャッター、看板、広告製品等、あらゆる種類の製品でお好みの仕上がりを実現します。

Image
Image
金属素材

金属素材

デコラールプロセスでは主にアルミニウムと鉄に装飾しますが、他の素材にも装飾することが可能です。唯一の条件は200℃でも変形しない素材であることです。この温度は、フィルムから塗膜へインクを転写するために必要な温度です。

前処理

前処理

前処理の目的は金属表面の異物を除去し、腐食や気象環境による劣化を防ぐことです。これは金属素材を整え、高品質な粉体塗装を確保するために必要な処理です。

Image
Image
粉体塗装

粉体塗装

前処理された金属素材に、静電ガンを用いて粉体塗装を行います。その後、テクニカルデータシートの仕様にのっとって、乾燥炉で焼付硬化させます。下塗りは気象環境による劣化や腐食、摩耗等の要因から製品を保護します。弊社の粉体塗料はポリエステル樹脂又はポリウレタン樹脂であり、溶剤や重金属を一切使用していません。

装飾

装飾

装飾する製品を、装飾の模様がプリントされた熱転写フィルムで包装します。続いて、製品表面を真空状態になるように熱転写フィルムを密着させ、デコラールの乾燥機の中に入れます。ここで熱と圧力によってフィルムに印刷されたインクが塗膜に転写されます。数分後、機械から製品を取り出し、装飾の模様をつけたフィルムを取り除きます。

Image
Image
最終結果

最終結果

照明、手すり、家具、フローリング、フェンス、シャッター、看板、広告製品等、あらゆる種類の製品でお好みの仕上がりを実現します。

decoral group smallDecoral System © 2023
VAT NUMBER IT 03062260231

facebook decoral groupinstagram decoral grouplinkedin decoral grouppinterest decoral group

decoral group, member of archiproducts